toggle
2016-04-15

まちに存在する潜在的な価値をさがす【トレジャーハンティング@豊田】


リノベーション

北九州を皮切りに、全国に広がりを見せている「リノベーションスクール」。愛知県でも、岡崎市や豊田市で開催されています。その「リノベーションスクール」を手がけているメンバーが新たに仕掛ける「トレジャーハンティング」が豊田市で開催されます。

豊田市の中心市街地エリアを対象に、普段の暮らしでは当たり前になっている空間資源、人的資源、歴史資源などのまちに存在する潜在的な価値のあるお宝を、様々な分野のスペシャリストであるトレジャーハンターたちが、まちの人たちと一緒に探し出しエリアの未来と豊な暮らしを構想、提案。

潜在的な価値を見つけ出せる能力は、これからの”はたらく”を考えていくうえで大事な要素になってくると感じています。面白そうな経歴を持つトレジャーハンターの方々が、豊田の街のどんなところに価値を見いだすのか。また、それを一緒に体験できることも価値かもしれません。参加してみてはいかがですか。

また、トレジャーハンティングには参加出来なかったけどぜひ聴いてみたいという方向けに「まちのトレジャーハンティング報告会」もあるそう。

▼ハンター使い
嶋田 洋平/株式会社らいおん建築事務所代表取締役 株式会社リノベリング代表取締役
1976年福岡県生まれ。東京理科大学理工学研究科建築学専攻修士課程修了後、建築設計事務所「みかんぐみ」チーフを経て、2008年らいおん建築事務所を設立。2012年北九州家守舎を、その翌年には都電家守舎を設立し、生まれ育った北九州市の小倉、そして家族と暮らす豊島区雑司が谷の間を行き来しながら縮退エリアにおけるリノベーションまちづくりによる再生事業を行っている。小倉魚町での実践によって「国土交通大臣賞」「都市住宅学会業績賞」「土地活用モデル大賞審査委員長賞」「日本建築学会賞教育賞」を受賞。著書に「ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり」(日経BP社)、共著に「2025年の建築 七つの予言」(日経BP社)、「最高に気持ちいい住まいのリノベーション図鑑」(エクスナレッジ)等。


▼トレジャーハンター
青木 純/メゾン青樹
日本の賃貸文化をリノベーションし、経産省「平成26年度先進的なリフォーム事業者表彰」受賞。TEDxTokyo2014の登壇やTheInternationalNewYorkTimes掲載など世界から注目される。大家である自らを「まちの採用担当」と表現、運営する「ロイヤルアネックス」や「青豆ハウス」には暮らしのデザイン力が高い入居者が集う。都電家守舎の代表として生まれ育った豊島区を拠点としたリノベーションまちづくりにも取り組む。

大島 芳彦/株式会社ブルースタジオ専務取締役 株式会社リノベリング取締役
1970年東京都生まれ。1998年石本建築事務所入社。2000年よりブルースタジオにてリノベーションをテーマに建築設計、コンサルティングを展開。活動域はデザインに留まらず不動産流通、マーケティング、ブランディングなど多岐にわたる。大規模都市型コンバージョンや大規模団地再生プロジェクトなどを手掛ける一方で、エンドユーザー向けに物件探しからはじめる個人邸リノベーションサービスも多数展開。近年では地域再生のコンサルティング、講演活動で全国各地に足を運ぶ。リノベーションスクールでの実績により「日本建築学会賞教育賞」を受賞。

石神 夏希/ペピン結構設計/場所と物語
1980年生まれ。1999年より演劇集団「ペピン結構設計」を中心に劇作家として活動。2002年『東京の米』にて第2回かながわ戯曲賞最優秀賞受賞。2004年、同作品にて東京国際芸術祭リージョナルシアターシリーズ出場。2005年 World Interplay2005(オーストラリア)参加。近年はテナントビル、住宅、商店街などでの演劇上演、地域を軸にしたアートプロジェクトの企画や滞在制作を行う。また住宅・建築を主なフィールドに建物や場所に関するリサーチ・執筆・企画を行うなど、「場所」と「物語」を行き来しながら活動している。最近の活動:黄金町バザール2013出展、本牧アートプロジェクト2013-2014参加、北九州市小倉「Fantastic Arcade Project」ディレクター(2014)など。

瀬川 翠/シェアハウス「武蔵境アンモナイツ」大家 設計事務所 Studio Tokyo West 代表 銭湯再生会「銭湯JAPAN」デザインチーム代表
1989年東京都生まれ。日本女子大学家政学部住居学科卒業、横浜国立大学大学院 都市イノベーション学府 Y-GSA修了、横浜国立大学大学院 都市イノベーション研究院 博士課程 在籍。2014年 設計事務所 Studio Tokyo West設立。木造密集市街地、次世代都市居住を研究。大学3年生のときに一軒家をセルフリノベーションし、シェアハウスの運営を開始。最近では銭湯を中心としたエリア再生をはじめ、賃貸マンション再生プロジェクト、京都町屋ゲストハウスネットワークといったまちづくりの企画を推進している。

三浦 丈典/設計事務所スターパイロッツ代表
1974年東京都生まれ。ロンドン大学バートレット校ディプロマコース修了、早稲田大学大学院博士過程満期修了。2001年〜2006年までNASCA勤務。2007年設計事務所スターパイロッツ設立。大小さまざまな設計活動に関わる傍ら、シェアオフィスや撮影スタジオも運営。最近ではキッズカフェや産後ケア院など新しい建築プログラムの企画にも関わる。「道の駅FARMUS木島平」で2015年グッドデザイン金賞を受賞。工学院大学、法政大学、横浜国立大学、早稲田大学芸術学校非常勤講師。著書に「起こらなかった世界についての物語」、「こっそりごっそりまちをかえよう。」など。


開催日時:2016年4月23日(土)・ 24日(日) 2日間
開催場所:豊田市立元城小学校体育館(〒471-0861 愛知県豊田市八幡町3丁目30)
主  催:豊田市中心市街地活性化協議会(TCCM)
後  援:豊田市
企  画:㈱リノベリング
参加条件:リノベーション、まちづくりなどに興味があり、自ら実践者となって遊休ストックを活用した都市再生を志す意思のある方経験は不問(学生も可)
注意事項:4/23〜24の2日間の全プログラムに、トレジャーハンティングのチームの一員としてワークショップに参加出来る方(ワークショップ参加者のオープニング&クロージングパーティーへの参加は必須です。)
定  員:40名
持ち物 :PC、テザリング可能端末(あれば)、ポケットwifi(あれば)
参加費用:6,000円(オープニング&クロージングパーティー代含)

スケジュールなど詳細事項はこちらからご確認ください。