toggle
2017-01-17

大須にある手打ちうどんの味噌煮込み【はたらく飯 第10回】


はたらく飯 第9回
名古屋に暮らしていて、冬に食べたくなるものといえば味噌煮込みうどん。少し固めの麺と味噌の甘みが美味しいこの街独自の食文化。お店ごとに、麺や味噌、具材に違いがあり色々と食べ比べてみても面白い。

今回のはたらく飯は、大須にある昭和28年創業の丁字屋さん。手打ち蕎が美味しいお店がつくる冬季限定の味噌煮込みうどん。

はたらく飯 第9回

あたたかい雰囲気のお店で食べるアツアツの味噌煮込み


ランチタイムの時間に行くと、味噌煮込みうどんにご飯がついてきます。丁字屋さんは、天ぷらのメニューもあるため、天かすを付けてくれて、自分の好みの量を入れることができ、アツアツのふたが閉まった土鍋の上にレンゲがのせられて出てきます。ふたには、穴が空いていないため、取り皿として使うことも。

はたらく飯 第9回
具材は、かまぼこ、ネギ、あげ、半熟たまごに鶏肉とシンプル。手打ちうどんもこしがあって美味しいです。お店の雰囲気も、ご家族で経営されているようでアットホーム。暖かいご飯を食べながら、ほっとできます。大須に訪れた時に、立ち寄ってみてはいかかでしょうか。

丁字屋
住所:愛知県名古屋市中区大須3-29-6 
電話:052-241-1492
営業時間:11:00~19:30
手打ちそばがなくなり次第早めに閉店する場合もあり。
定休日:火曜日