toggle
2018-04-20

大地に根ざし、自らの手でつくる未来へー「生きる」を学ぶいとしろカレッジー


「生きる」を学ぶ〜大地に根ざし、自らの手でつくる未来へ〜【いとしろカレッジ 第3期生募集中】
近年の気候変動や不安定な社会情勢の中、今の暮らしや社会に対して、このままでいいのだろうか?と疑問に思ったり、悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか。

自然とともにある暮らしが脈々と続いてきた石徹白(岐阜県郡上市白鳥町)で、古くからの生きる知恵や精神を、現代によみがえらせる取組みにふれて、これからの持続可能な生き方を学ぶいとしとカレッジの第3期生の募集が始まりました。開催時期は、2018年6月〜2019年1月で、毎月2日・全8回 (12月のみ3日)の連続講座。

石徹白は、白山南麓に位置する、標高700m・人口約 270人の小さな集落。白山信仰に根ざした深い歴史を持ち、近年は、地域の小水力発電の取組みやアウトドアフィールドとしても注目を集めています。

過去と今、未来をつなぐ地、石徹白で、自分たちの暮らしは自分たちでつくる「生きる力」を、仲間とともに学び、望む未来への一歩を踏み出しませんか?

開催日時:第1回  6月30日(土)・7月1日(日)「開講式・基調講演/地元学:集落を歩くく」
     第2回  7月28日(土)・29日(日)「世界と自分を知る/石徹白民踊とわらべ唄」
     第3回  9月1日(土)・2日(日)「アウトドアと生きる力/石徹白の道」
     第4回 9月29日(土)・30日(日)「命をつなぐ川・森づくり/自然を歩く」
     第5回 10月20日(土)・21日(日)「聞き書き」
     第6回 11月17日(土)・18日(日)「受け継がれる伝統食文化/結の作業」
     第7回 12月1日(土)・2日(日)・3日(月)「セルフデザイン/弱さと愛の人類学」
     第8回  1月12日(土)・13日(日)「卒業式/新しい未来へ」
     ※カリキュラム内容は変更になる場合があります。
開催場所:岐阜県郡上市白鳥町石徹白
定  員:12名
受講料金:通年8万円(交通費・食費・宿泊費は実費負担)
     ※宿泊場所は毎回事務局よりご案内いたします(1泊2食5,000円?6,700円程度)
応募条件:18歳以上。当カレッジの趣旨に賛同し、毎回の講座に積極的に参加できる方。
選考:応募者全員1次選考(書類)、2次選考(対面またはスカイプによる面談)を行います。
主  催:特定非営利活動法人やすらぎの里いとしろ

スケジュールなど詳細事項はこちらからご確認ください。