toggle
2016-03-03

家業をつなぐナイト【しごとバー@名古屋】


家業をつなぐナイト【しごとバー@名古屋】

「三河みりん」を知っていますか?
愛知県の三河地方は、醸造に適した水と温暖な気候に恵まれ、
200余年の昔から、みりん醸造が盛んに行われてきた土地。
現在でも、みりん業者数全国一を誇るみりん造りの本場です。

その「三河みりん」は、誰かがそれをつないできたからこそ今も続いています。
既にはじまっている何かを、誰かがつないでいく。
その「つなぐ」という行為があるから長く続いていく。

今回のゲストは、明治43年(1910年)創業、三州三河みりん「角谷文治郎商店」の角谷文子さん。
大学卒業後、企業、NPOでの勤務を経て家業に。
今は、海外に「みりんの魅力」を発信するために日々動き回っています。

どんな想いを持って伝統ある家業をつないでいくと決意したのだろうか?
そこに迷いはなかったのか?

家業をつなぐ、会社をつなぐ、プロジェクトをつなぐ。
そんなつなぐことに興味がある方は、是非起こしください。

もちろん、みりんのお話を聞いてみたい方も!


家業をつなぐナイト


【日時】
2016年3月23日(水) 19:30-21:30(開場19:00)

【バーテンダープロフィール】
角谷文子
「つなぐ」を人生のキーワードに、大学時代の国際協力・交流活動、新卒時代の半導体商社での営業、ボランティア情報誌「ボラみみ」での事務局での経験と、様々な形でヒト・情報・活動をつないできた。現在は家業である角谷文治郎商店において、「もち米のリキュール」とも評されるみりんを武器に世界中をつなぐべく奔走中。先日のフランス出張では、著名なパティシエに高く評価され、パリのパティスリーデビューも秒読み!

【会場】
喫茶アミーゴ(名古屋市中区大須3-42-30)

【最寄駅】
地下鉄 鶴舞線・名城線「上前津駅」下車 8番出口を上がって徒歩3分

【参加費】
参加費:1,000円
※ワンドリンク付き(ソフトドリンク、ビールなど)
※飲み物は、2杯目以降はキャッシュオン。

主催:大ナゴヤ大学 はたらく課
共催 :NPO法人G-net



申し込み