toggle
2016-05-01

自分の生き方は自分で選ばナイト


畠山千春

みなさんは自分自身の「生き方」について深く考えたことはありますか?
「しごと」をするということの一側面には生きるための営みがたくさん含まれているように思います。その中でも、どうはたらき、何処に住み、何を着て、何を食べるのか、ということはあまりにも日常に溶け込んでいて、改めて考えるという機会はなかなかないのではないでしょうか?


今回のゲストバーテンダーは、そんな自分自身の生き方について「東日本大震災」をきっかけに見つめなおし、「自分の暮らしを自分で作る」という自給自足の生き方を選んだ女性、畠山千春さんをゲストに迎えます。畠山さんは現在、福岡県糸島市にて「欲しいものは自分たちで作る!」をコンセプトにしたシェアハウスを運営中。シェアメイトと自分たちの手でつくる自給自足の暮らしに挑戦しています。

「移住」「田舎暮らし」「自給自足」「エコタウン」「食」「エネルギー」「シェアハウス」「シェアエコノミー」というキーワードに少しでも興味がある人は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

自分の生き方は自分で選ばナイト


【日時】
2016年5月12日(木) 19:00-21:30(開場18:30)

【バーテンダープロフィール】
畠山千春(はたけやまちはる)

新米猟師。3.11をきっかけに大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ、自分の暮らしを自分で作るべく活動中。2011年から動物の解体を学び、鳥を絞めて食べるワークショップを開催。2013年狩猟免許取得、狩りを始めながら、獲物の皮なめしなども行う。現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。

2014年に木楽舎より『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』を出版。第9回ロハスデザイン大賞2014ヒト部門大賞受賞。

▼ブログ
ちはるの森 http://chiharuh.jp/

▼いとしまシェアハウスfacebookページ
https://goo.gl/Llgoju

【会場】
spazio rita (名古屋市中区栄5-26-39 GS栄ビルB1)

【最寄駅】
地下鉄 名城線 矢場町駅 3番出口 徒歩5分

【参加費】
参加費:1,000円
※ワンドリンク付き(ソフトドリンク、ビールなど)
※飲み物は、2杯目以降はキャッシュオン。



申し込み