toggle
2020-05-04

オンライン宿泊で、旅気分ナイト【しごとバー名古屋 オンライン】




ゲストハウスが好き。

だけどゲストハウスに宿泊できない。そういう人たちが実は沢山いたんです。

「オンライン宿泊」を始めたことで多くの気づきがあったと話すのは、和歌山県那智勝浦にあるゲストハウス「WhyKumano」のオーナー後呂さん。

オンライン宿泊とは、Zoom(オンライン通話ツール)を使って、ゲストハウスの施設案内や参加者(お客様)同士・スタッフとの交流、熊野エリアの観光スポット紹介など”旅先での出会い”を家にいながら疑似体験する仕組み。サービスを始めて3週間弱で100人以上の宿泊者が世界中から集まっています。



後呂さんは、新型コロナウイルスの流行で外出自粛が続く中「旅に行きたいけど行けない」という方に少しでも旅の気分を届けたい…という想いでオンライン宿泊サービスを始めましたが、これをキッカケにペットを飼っていたり、小さい子どもがいるなど、気軽にゲストハウスに泊まれない人たちが世の中にたくさんいたことに気づいたそう。

オンライン宿泊ならではの面白さは世界中の人たちが、熊野に足を運ばなくてもオンライン上でWhyKumanoに集まり、旅先での大きな思い出となる人々の交流体験ができるということです。そして、オンライン宿泊での体験は「いつか実際に熊野へ足を運んで、オンライン宿泊で共に時間を過ごした人たちと一緒にWhyKumanoに泊まりたい!」という気持ちにつながるのです。

宿泊業から見える、オンラインの可能性。オンラインだからこそ体験できる旅について聞いてみようと思います。



【トークテーマ】
熊野古道の玄関口、ゲストハウスWhyKumanoについて
オンライン宿泊っていったいどういうこと?
観光とオンラインの可能性について

オンライン宿泊で、旅気分ナイト

【日 時】
2020年5月7日(木)19:30 - 20:30

【ゲストプロフィール】
後呂孝哉 /WhyKumanoオーナー
1989年和歌山県新宮市生まれ。大学・就職と約10年関東で過ごし、「地元、熊野の魅力を世界へ広めたい」想いから新宮市へUターン。2019年7月、和歌山県南部・熊野エリア観光の拠点となる那智勝浦町にホステル・カフェバー「WhyKumano」を開業。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月から実店舗を一時休業、オンラインを活用した〈家にいながらも旅の気分を味わうことができる【仮想宿泊体験】〉を提供する「オンライン宿泊」を開始。


【会 場】
YouTube Live

【参加費】
無料