toggle
2020-05-04

おうち時間にプランターでオーガニックナイト!【しごとバー名古屋 オンライン】



岐阜県白川町に「五段農園」という農家さんがいます。
五段農園では完熟堆肥を使った美味しい野菜づくりを目指し、有機農業の拡大に向けた有機栽培向けの培養土・苗の販売も始めています。

五段農園が特に力を入れているのは「堆肥」づくり。「堆肥づくりは料理のようだ」と語る高谷さん。土が良くなければ、苗も育ちません。

どんな土がよくて、どうすれば作物にとっていい土が作れるのか研究に研究を重ねる日々。そんな研究の成果の一つが「Planter De Organic(プランター デ オーガニック)」です。


家庭で、有機栽培を手軽に始められるプランターキットと五段農園オリジナル有機培養土「けんど君」をセットにした商品は白川町のふるさと納税の返礼品にも選ばれました。

「おうち時間」もかれこれ一ヶ月がすぎました。

日々、様々な方々がSNSの投稿を追いかけていると少しずつ、家での生活も慣れてきてテレワーク環境を充実させたり、家庭での食事を大切にしている人が増えてきているように思います。

次の「おうち時間」のチャレンジはご自宅で有機農業にチャレンジしてみませんか?

目標は「日本の有機農業拡大の下支えができるような農家」 という高谷さん。ぜひ、お話を楽しみにしていてください。



<トークテーマ>
ずっと農業に憧れた高谷さんが農家になるに至るまで
培養土って何?どうやってつくるの?
おうちで有機栽培?オススメの育て方

おうち時間にプランターでオーガニックナイト!

【日 時】
2020年5月5日(火)19:30 - 20:30

【ゲストプロフィール】
高谷裕一郎/五段農園
秋田県出身。「農」に関わる仕事がしたいと、大学では農学部を専攻、横浜の種苗会社に就職し、野菜の種の生産の仕事に携わる。出張やデスクワーク中心の日々や都会での暮らしに慣れず、東日本大震災をキッカケに2015年、家族と共に岐阜県白川町に移住し五段農園を開業。日々、堆肥造りの研究に向き合い、培養土と苗の販売を実施している。

【会 場】
YouTube Live

【参加費】
無料