toggle
2019-06-24

農家のあり方を考えナイト【しごとバー名古屋】


しごとバー名古屋

中央アルプスと南アルプスに囲まれた自然豊かな土地で、りんご、梨をはじめとした多くのくだものを栽培している長野県松川町。

そんな松川町で、特産品の魅力を伝えて地域を盛り上げたいと奮闘しているりんご農家・北沢さんが今回のゲストです。

北沢さんは、本業の農業に加え、りんごを加工したお酒「シードル」の商品企画、情報発信、イベント企画、さらには、松川町の非公認ご当地ヒーロー「酒池肉りんごマン」としても活動を行なっています。

そんな彼は、実はかつて証券会社で営業していた経験も持っています。当日はなぜ証券会社から農業?という素朴な疑問から、農業の面白さ、課題、田舎暮らしのあれこれを語っていただきます。

また、りんごのお酒「シードル」の自家醸造も控えていることから、準備の様子やお酒の豆知識、楽しみ方もお伝えします!

当日はフルーツガーデン北沢特製のドライフルーツをおつまみに、りんごで作ったお酒「シードル」を飲みながら語らいましょう。※りんごジュースもご用意しています


農家のあり方を考えナイト

【日 時】
2019年7月31日(水)19:00-21:00(開場18:30)

【バーテンダープロフィール】
北沢毅(きたざわ つよし)
1991年生まれ。長野県松川町の観光果樹園「フルーツガーデン北沢」の4代目。北海道大学農学部を卒業後、野村證券株式会社に入社。3年半証券営業を経験後、昨年9月に就農し現在に至る。

【会 場】
喫茶アミーゴ(名古屋市中区大須3-42-30)
※地下鉄 鶴舞線・名城線「上前津駅」8番出口すぐ

【参加費】
1,000円
※ワンドリンク付き(ソフトドリンク、ビール、ワインなど)
※飲み物は、2杯目以降はキャッシュオン