toggle
2018-02-23

カッコよく継がナイトー名古屋のど真ん中蕎麦屋編【しごとバー@名古屋】




TURNSなどの雑誌でも取り上げられるなど
ここ最近注目を浴びている「継ぐ」「承継」というワード。

魅力的な仕事、働き方、人、製品、技、想い…
これまで培われた技術を、想いを受け継ぎ、新しいものを生み出していく。

僕らの気づかないところで、誰かが受け継いで、
僕らの生活の一部となっているものもたくさんあるのかもしれません。

ただ受け継ぐではなく、カッコよく継いでいく。
そんな人が増えると僕らの日常にもワクワクがたくさん?!

そんな「カッコよく継ぐ」キャリアを選択しようとする人たちに今回注目ですー

今回ゲスト牧野さんは正しくその一人。
家業は名古屋錦にて65年超える蕎麦屋を営む。
大学時分に海外留学の際に気づいた自身のアイデンティ。

・なぜ継ぐことを考え始めたのか?
・考え始めて起こした行動とは?
・蕎麦屋をどのように継ごうと考えているのか?
などなど

ざっくばらんにお話をお伺いしていきます〜
実家が家業を営んでいる人/それを継ぎたいと思う人もそうでない人も大集合!

※東海を中心にカッコよく継ぐ人のチャレンジを応援する”アトツグ”project(仮)を企画中。

カッコよく継がナイトー名古屋のど真ん中蕎麦屋編

【日 時】
2018年2月28日(水)19:00〜21:00(開場18:30)
※前半は、お話を聞く時間。後半は、交流の時間を想定しています。

【バーテンダープロフィール】
牧野 由季 (まきの・なおき)
家業:蕎麦屋(開業65年超)
大学時外国語を専攻し自分の得意分野を活かせる道を模索するため一年カナダへ留学。これまでと違う海外での食文化に、実家蕎麦屋を継ぐことを意識し始める。帰国後、経営者になるために行動を起こそうと一念発起。大学生とともに新規事業を進めている丸八テント商会経営者のもとで弟子入り、大学生時から海外プロジェクトに携わる。現在は丸八テント商会に入社し、継続して修行に邁進。
http://blog.livedoor.jp/gnethonki/archives/13104350.html

【聞き役】
石田大貴(いしだ・ひろたか)
NPO法人G-net
両親ともに製造業を営む。大阪出身。大学で岐阜に訪れたことをきっかけに岐阜に魅力を体感。一方で担い手不足の課題に気づき、地域と若者をチャレンジで繋ぐ取り組みを行うNPO法人G-netに入社。地域の企業経営者と大学生とともに進めるプロジェクトコーディネートに従事。「しごとバー@名古屋」、社外プロジェクトに参画する「シェアプロ」、兼業副業マッチングイベント「はたレボEXPO」など企画にも携わる。カッコよく継ぐ人を応援する”アトツグ”project(仮)を企画中。

【会 場】
喫茶アミーゴ(名古屋市中区大須3-42-30)
※地下鉄 鶴舞線・名城線「上前津駅」8番出口すぐ

【参加費】
1,000円
※ワンドリンク付き(ソフトドリンク、ビール、日本酒など)
※飲み物は、2杯目以降はキャッシュオン

※”アトツグ”project(仮)
昨年より大阪にて盛り上がりを見せるアトツギに関する取り組み。新たなベンチャー支援として2代目3代目アトツギに注目。「ベンチャー型事業承継」を推進する取り組みとしてU34限定
アトツギアイディアソン=“アトツギソン”などを実施。東海エリアでもかっこよく継ぐキャリアを選択する一歩踏み出す場づくりを仕掛けていきたい!またベンチャー型事業承継を加速させる、プロジェクト支援伴走チーム(プロボノ/兼業副業)作りも取り組んでいくべく企画中(今夏実施予定)。プログラム参加者や企画段階から参画してくれる方も大募集!
※大阪での取り組み(ぼくらのアトツギベンチャープロジェクト)はコチラ
http://next-innovation.go.jp/renovator/

※ベンチャー型事業承継とは?
若手後継者が、家業が持つ、有形無形の経営資源を最大限に活用し、リスクや障壁に果敢に立ち向かいながら、新規事業、業態転換、新市場開拓など、新たな領域に挑戦することで社会に新たな価値を生み出すこと。

申し込み