toggle
2020-06-02

まちの印刷屋さんのこれからナイト【しごとバー名古屋 オンライン】




今回のゲストは長野県松本市を中心に活躍するまちの印刷屋さん「藤原印刷」より、藤原隆充さん。オンラインでぜひ乾杯しましょう!

つい先日まで、新型コロナウイルスの影響により外出できない時期が長く続いていました。たくさんの地域で様々なお店が困難に晒されている状況、印刷業に関わる事業も例に漏れず発注がなかったり、工場を稼働させられない時期が訪れていました。

そんな中、藤原さんはこの状況下で様々な取り組みに果敢に挑戦し、その中でまちの印刷屋さんのこれからの時代を乗り越えていく可能性を感じたそうです。

活動は多岐に渡ります。松本市内のテイクアウト情報を発信するWEB magazine「to go MATSUMOTO」の発行では、様々な方々のサポートで普段は交わらないような様々な趣向の飲食店情報が集まりました。

次に、在宅が続き、時間を持て余したお子さんたちの助けになればと「大きな紙」を各地へ無料配布した取り組みでは配られた数だけ様々な使い方をしていただけたそう。その数、なんと2,500枚にも及びました。そして、5月には「紙」を通じたコミュニケーションとして手紙を送るプロジェクト『お元気ですか』としてレターセットの配布を実施。現在進行形で、地域を越えたコミュニケーションが生まれています。

まだまだ挑戦が止まらない藤原さんから「まちの印刷屋さん」の可能性やこれからの挑戦についてお話を聞いてみます。



【トークテーマ】
「藤原印刷」ってどんな印刷屋さん?
この状況だから垣間見えたまちの印刷屋さんの可能性って一体?
ひと手間が生み出す豊かな時間とクリエイティブ

まちの印刷屋さんのこれからナイト


【日 時】
2020年6月3日(水)20:00 - 21:00

【ゲストプロフィール】
藤原隆充
1981年生まれ、東京都出身。藤原印刷株式会社取締役。創業70年の書籍に特化した印刷会社の4代目。企画の段階から造本における仕様の提案を得意とし、本づくりそのものを全面的にバックアップする。近年ではインディペンデント系の実績多数。共著に『本を贈る』(三輪舎 2018)。


【会 場】
YouTube Live

【参加費】
無料